定期預金の比較

定期預金を比較すると、ネット銀行は一般の銀行よりはるかに利率が高いです。例えば1年ものなら、ネットバンクは都市銀行の倍以上です。大切なのは、定期預金のキャンペーンを利用することです。より高い金利で預け入れが可能になります。ただし、繁忙期の口座開設は意外に時間がかかるので、余裕をもって早めに開設をしてください。
はじめての方へ
1年ものの定期預金の金利を比較しました。
1年ものの定期預金の表
マウスで右の画像をクリックすれば、最新の金利情報をご覧になれます。

【画像は見本】

とにかく定期の金利を確認したい方はクリックです!

<<定期の金利を確認>>
| - | 10:46 | - | -
プライバシーポリシー
このサイトのページや広告には、クッキーやウェブビーコンを使っている場合があります。

● クッキーとは、サイトに訪れた方が使用しているコンピュータを識別するためのデータを指します。このクッキーを送付することによって、サイトに訪れた方が使用しているコンピュータを識別できるようになります。しかしそれはコンピューターのみの話で、訪れた方をある個人として特定できるわけではありません。クッキーは標準的なものとして、多くのサイトで使われています。このクッキーの導入によって、サイトに訪れた方が再訪された時の利便性を高めることができます。

● そしてウェブビーコンは、クッキーとともに統計情報を得るために使われます。サイトへのアクセス、サイトの利用のされ方などの統計情報です。このウェブビーコンも、サイトに訪れた方をある個人として特定することはできません。

● クッキーは、ブラウザーの設定によって無効にすることも可能です。ウェブブラウザーのヘルプでクッキーの項目を見るとその方法が記述されているので、参考にしてください。但しクッキーを無効にした場合、サイトの機能の一部が使えなくなることもあります。
| - | 16:21 | - | -
定期預金との比較
定期預金との比較において、投資は性質がかなり違う。比較は難しいが、簡単に言えばリスクの違いだろうか。

定期預金では元本が保証されており損をすることはないが、今は金利が低く抑えられており、ネット銀行でも1%に満たない。100万円が1年間で101万円にもならない。

投資は株や投資信託など様々だが、定期預金と比較してみると、儲かるなら1万円どころではない。何倍にもなる。だが、50万円に減ってしまう可能性も十分にある。

株は個人が、投資信託ではプロの投資家が運用するが、定期預金と比較すれば、リスクはかなり大きい。それでも個人株主の増加や投信の人気ぶりが報道されているのは、景気の上昇と長期間に渡った低金利のせいだろう。

リスクを承知でやってみたら定期預金とは比較にならぬほど儲けが出た。そんな人は次の資金を定期預金には回さない。他の金融商品を比較し、挑戦してみるはずだ。うまくいったら、その喜びはこれも定期預金とは比較にならない。

また、株主優待のお得感は定期預金と比較するとかなりうれしい。その反対に緊張感や怖さも感じるだろう。インターネットというツールはマネーゲームを身近なものにした。定期預金なんてつまらないと思うかも知れないが、比較すれば安心感は格別だ。

また、売買手数料や換金性も定期との比較ポイントになる。定期預金と投資の長所短所を比較し、理解した上で、自己資金をどちらにも分配するのがベストと言える。



定期預金の利率を比較?

定期預金の利率を比較して、どれほどの違いがあるんやろか。こないだのボーナスでやっと10万円貯金できることになった。

嫁さんは、定期預金の利率を比較してどこの銀行が高いの低いのと、めっちゃ騒々しい。どうも、ネット銀行が高いらしい。近所の銀行とは、定期預金の利率の比較が3倍も違うらしい。何でやねん。定期預金の利率が高いて言うてもなんぼくらい違うっちゅうねん。

嫁さんは比較してみたら普通なら1年で350円のところがネット銀行なら1000円も増えるって。これって、そんな騒ぐほどの差か?定期預金の利率を比較するより、口紅の値段を比較した方が手っ取り早いとちゃうん?定期預金の利率を比較するより、何千円もするダイエット補助食品を買わんと、友達とのランチを控えた方がええんとちゃうん?

650円の差って、そんな大騒ぎするもんやろか?しかも1年間でやで。俺にはどうでもええとしか思えんのやけど。そらな、俺はお世辞にも高給取りとは言えへん。やけど、1年定期の利率の違いで650円増えるの増えへんのって、そうガタガタせんでもええやん。10万円も定期預金するんやで。それでええやん。

女はだれでも定期預金の利率を比較して差が何百円あるからって、そんなことを気にして、他のすんごい無駄が見えへんのやろか。定期預金の利率の比較ってそんなに意味のあることなんやろか。俺は、やっぱり、女の気持ちは、わからんわ。
| - | 16:20 | - | -
定期預金の比較
定期預金の金利を比較するのは、ある程度まとまった金額になるとバカになりません。

定期預金といってもいろいろあります。庶民にとって1000万円以上の大口定期預金はあまり関係ないかも知れませんが、金利の比較では一番いいです。

一般的な定期預金にはスーパー定期と期日指定定期があります。その違いを一言で言うと、1年以上の定期預金で、期日指定は自由に満期日が決められること。金利を比較するとスーパー定期0.36%、期日指定0.34%、つまり1万円で利息が36円か34円かの比較。1万円なら定期預金の金利を比較しても意味がないというのはよくわかりますね。

しかし、これが300万円になると利息も1万円になり、その差も数百円。これが何年も経つと定期預金の金利を比較する価値も出てきます。自由さと金利の比較とどちらを優先しますか?

また、貯蓄預金というのもあります。これは普通預金と定期預金の中間のようなもので0.22%くらいでしょうか。金利の比較では少し落ちますが、途中解約を避けることが出来ます。

でも、ついこの間までゼロ金利だったこと、覚えてます? なんと、1年もので0.12%くらいだったのです。過去と現在の金利の比較など無意味かも知れませんが、折角切りつめて貯めたお金にほとんど利息がつかないという虚しい時代もあったのです。

それを考えれば、折角定期預金するなら金利を比較して有利な商品を選ぼうという気にもなります。



定期預金の金利を比較

定期預金の金利を比較するなんてことは、以前の私は考えもしなかった。でも、結婚して子供やマンションなど、将来のことを考えると、今度のボーナスは少しは貯金しようという気になった。

で、定期預金というわけだが、金利なんてどこの銀行でも同じだと思っていた。近くには比較するほどたくさんの銀行はないし。使い込まないうちにと思っていた矢先、ダンナが「オイ、ネット銀行って知ってるか」と言い出した。

そしてパソコンで定期預金の金利を比較したサイトを見せてくれた。その金利の比較表には有名な銀行名の横に同じ数字が並んでいる。だが、その数字が突然2倍以上に変わる。定期預金の金利を比較してダントツ有利な銀行名は全てカタカナ。定期預金の金利比較、これは驚きの情報だ。

「定期預金の金利ってこんなに違うの? 何で?」

彼の説明ではネット銀行は店を作らないからコスト削減できて定期預金の金利も高く出来るらしい。

「どうやって入金するのよ。口座の開設は? お金を出すときはどうするの」

「郵便局のATMが使えるんだってさ。申し込みはネットで」

ナットク。ネットならいつでも申し込める。定期預金の金利の比較だけでなく、便利さを比較してもかなり得点が高い。

今回は10万円の定期預金。1年経ったら800円くらいの利息になる。大したことないけど、それでも定期預金の金利の比較をしなければ350円だった。500円でも( ^ω^ )!



定期預金との比較

定期預金との比較に外貨預金をあげてみよう。比較すると両者の特徴がわかる。

外貨との比較において一般的な定期預金は何と言っても安心感がある。いくら利息が低いからとは言え、定期預金は元本割れすることはない。最も利率の高いネット銀行でも1%あるかないかだろう。普通の銀行なら0.35%くらいか。

定期は利息を期待すると言うより、金庫として利用している人も多いようだ。だが、外貨預金では、例えばアメリカドル4%と比較にならないほど高い。利息は10倍ほども違う。しかし、もし、急激な円高にでもなれば外貨の価値は急速に減ってしまう。

為替は変動するもので、毎日チェックする必要があろう。それに手数料もかかる。つまり、場合によっては元本割れをする可能性もある。ネット銀行との比較は手数料も安く、事情は少し違ってくる。もちろん、定期預金と比較すれば、定期預金は非常に簡単で安心だ。

利便性を比較しても、すべての支店で外貨預金ができるわけではない。急にお金が必要になったときは圧倒的に定期預金の方が便利だ。また、定期預金と比較などしなくても、そんな心配はイヤだという人もいるだろう。

外貨は余裕資金。万が一の定期預金。外貨は長く預ければ預けるほどうまみがでる。実際2年半で1万ドルの利息が600ドルになった。これで6円までの差損なら吸収できる。定期預金と比較した時、かなり有利になってくる。
| - | 16:19 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE